Refinitiv logo
An LSEG Business
REFINITIV LIPPER FUND AWARDS JAPAN 2022


リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード・ジャパン 2022
授賞記念ウェビナー
リフィニティブは、リッパーの名称で、投資信託の外部評価やファンドフローデータを、弊社のネットワークを通じて世界中で提供しています。さらに透明性の高い定量評価に基づき優秀ファンドをリッパー・ファンド・アワードとして、グローバルで選定するなど、投資信託市場の発展に微力ながら貢献しております。

3月24日(木)発表の「リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード・ジャパン 2022」では、160のカテゴリー別最優秀ファンドと最優秀運用会社8社が選出されました。授賞式典は新型コロナウィルス感染症の状況を考慮し開催を見送りましたが、例年同時期に開催しておりました授賞記念セミナーは、「リフィニテイブ・リッパー・ファンド・アワード2022 授賞記念ウェビナー」として、4月にオンライン形式で開催する運びとなりました。

本ウェビナーでは、投資信託部門で最優秀会社賞をご受賞されました運用会社4社の代表をパネリストとしてお招きし、「組織として高い投資パフォーマンスを上げる運用会社とは」をテーマに、2021年を振り返ると共に、高いパフォーマンスを実現できた要因や、より一層の「専門性」と「創造性」が求められる資産運用に対する組織としてのお取り組みについてお話しを伺います。ご多忙の折とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。
開催概要
配信方法:  オンデマンド ※本ウェビナーは4月12日12:00~13:30に配信されたものです。
参加費:  無料(登録制)
お申し込み:  右記フォームよりご登録をお願い致します。
アジェンダ
- 主催者挨拶

- 受賞ファンドの特徴と2022年市場の展望
 リフィニティブ・ジャパン株式会社   コンテント・マネージャー投資信託担当 熊谷紀香

- エグゼクティブ・ラウンドテーブル
 『組織として高い投資パフォーマンスを上げる運用会社とは』


パネリスト(会社名五十音順)
アライアンス・バーンスタイン株式会社  代表取締役社長 阪口和子氏
フィデリティ投信株式会社  執行役員副社長 兼営業本部長 和田浩己氏

明治安田アセットマネジメント株式会社  代表取締役社長 西尾友宏氏

楽天投信投資顧問株式会社   代表取締役社長 東眞之氏

モデレーター
リフィニティブ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 富田秀夫
オンデマンドのご登録はこちら
下記情報を送信することにより、Refinitivのリソース、イベント、製品、サービスに関する不定期のお知らせを受け取ることにご同意されたとみなされるものとします。また、プライバシー・ステートメントをよくお読みいただき、ご同意の上送信ボタンをクリックしてください。リフィニティブのプライバシー・ステートメントの詳細につきましてはこちらをご確認ください。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましてはこちらをご確認ください。
(Please note you can manage and update your preferences at any time.)
(please note you can manage and update your preferences at any time.) (Optional)


By submitting your details, you are agreeing to receive occasional communications about Refinitiv resources, events, products, or services. You also acknowledge that you have read and understood our Privacy Statement.By submitting your details, you are acknowledging that you have read and understood our Privacy Statement.
登壇者ご略歴(社名五十音順)

アライアンス・バーンスタイン株式会社 
代表取締役社長  阪口和子氏
2018年12月にアライアンス・バーンスタイン株式会社代表取締役社長に就任。以前は、ステート・ストリート信託銀行株式会社において取締役クライアント・リレーションシップ本部長として、顧客サービスおよび営業全般を統括。2010年から2017年までは、HSBC投信株式会社にて機関投資家営業本部長を務めた。それ以前は、15年超にわたってラザード・ジャパン・アセット・マネージメント、シュローダー・インベストメント・マネジメント、チューリッヒ・スカダー・インベストメンツといったグローバルな資産運用会社において、機関投資家向け資産運用ビジネスの顧客サービス、営業、マーケティングに従事。1990年から1993年、オリックス株式会社に勤務。
1990年茨城大学にて学士号取得。一般社団法人日本投資顧問業協会理事。一般社団法人 投資信託協会理事。
フィデリティ投信株式会社
執行役員副社長兼営業本部長  和田浩己氏
上智大学外国語学部を卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)にて国際資金部で自己勘定の外貨建て債券ポートフォリオ運用に従事したのち、興銀第一ライフ・アセット・マネジメント(現・アセットマネジメントOne)に移籍し、外国債券運用グループのチーフ・ポートフォリオマネージャーを担当。その後、ピムコ ジャパン リミテッドにて金融法人向け営業を統括、イタウ・ジャパン・アセットマネジメントでは代表取締役、パイオニア・グローバル・インベストメンツでは在日代表、ベアリングス・ジャパンでは取締役社長、会長を歴任。
30年以上にわたり資産運用業務に携り、投資信託協会理事の経験も有す。2019年11月、フィデリティ投信入社。
明治安田アセットマネジメント株式会社 
代表取締役社長 西尾友宏氏
1991年に安田生命保険(現 明治安田生命保険)入社。国内外の企業向けファイナンス、プロジェクトファイナンス業務を経て、アセットアロケーション、国内外の債券投資、オルタナティブを含むファンド投資など、長年にわたり市場運用業務に従事。
2021年4月より、明治安田アセットマネジメントの代表取締役社長に就任。
楽天投信投資顧問株式会社
代表取締役社長  東眞之氏
1986年 大手証券入社。アナリストとして投資モデルの開発に従事。
W.シャープ博士(ノーベル経済学賞受賞)他の米国研究者とも協働。英国現地法人副社長を務めるなど、海外部門・企画部門業務にも従事。2016 年楽天証券入社。投資運用室長。2017年 楽天投信投資顧問 代表取締役就任。
リフィニティブ・ジャパン
代表取締役社長 富田秀夫
株式会社共同通信社に入社後、国際金融情報分野を中心に担当し、共同通信マーケッツ営業一部長を経て、1998 年に米バンカーストラストからスピンオフしたIQ ファイナンシャル・システムズの日本代表兼アジアヘッドに就任。その後、金融情報/システム企業の役員を歴任し、2012 年7 月トムソン・ロイター・ジャパン株式会社代表取締役社長に就任。2019 年3 月より同社の社名変更に伴い現職。日本金融学会、経済同友会会員。一般社団法人日本投資顧問業協会理事、一般社団法人東京国際金融機構理事。東京都生まれ、1982年3月慶應義塾大学法学部卒。