Refinitiv logo
An LSEG Business
REFINITIV On-Demand WEBINAR
2021年の潮流・サードパーティーに潜むリスク
~デューデリジェンスの重要性について~
ご案内

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって社会全体が様変わりし、「ニューノーマル」を受け入れる努力が続いています。拡大傾向にあるビジネスのグローバル化に伴い、サプライチェーンの再編や新たなサードパーティとの取引は避けることが出来ません。
そこで本日は、Head of Risk, Regional Proposition Sales Asia のMike Meadonからサードパーティリスクについて、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に代表される規制当局の動向や制裁対応等、今日の潮流についてお話しするとともに、弊社のRefinitiv Due Diligenceレポートのユーザーである伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 伊藤将飛様にご参加いただき、実際のお取り組みについてお話を伺います。

  • サードパーティリスクにおける潜在リスクの動向
  • 具体的な企業の取り組み
  • 総括:今後求められる視点・対策
開催概要
日時:  オンデマンド・ウェビナー 
※ご視聴に際してのシステム要件の詳細はこちらをご確認ください。
参加費:  無料(事前登録制)
登録方法:  左側フォームに必要情報登録の上、送信ボタンを押してください。
言 語:  日本語・英語(英語のパートに翻訳はついておりません、予めご了承ください)

講演者
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 コンプライアンス室 伊藤 将飛 氏

2007年丸紅株式会社に入社。電力・インフラ、開発建設、繊維ビジネスに係る法務相談、契約検討、訴訟等を担当する他、2012年より丸紅グループの反贈収賄プログラム構築・改善業務に従事。
2014年海外研修生として丸紅欧州会社(英国)派遣され、東欧の石炭火力発電所受注案件等の法務業務を担当。
2016年伊藤忠丸紅鉄鋼に出向し鉄鋼ビジネスに係る法務実務を担当。2018年より海外制裁、内部通報・社内調査に従事する他、贈収賄・競争法・個人情報保護法等に係るコンプライアンスプログラムの構築を担当している。
Michael Meadon, Proposition Sales Director, Risk –  Refinitiv Asia Pacific

Mike leads Refinitiv’s risk business across Asia. In this role he helps define Refinitiv’s go-to-market, product and content strategies, including for the flagship World-Check and Enhanced Due Diligence product sets. He is particularly focused on keeping abreast of regulatory, industry and technological developments, to ensure Refinitiv continues to innovate and develop products that meet client needs. 

Mike has a degree in Politics, Philosophy and Economics from the University of Cape Town, and spent several years at the University of KwaZulu Natal (UKZN) studying cognitive science. As a “former future academic”, he has a strong continued interest in history and science, and particularly paleoanthropology, astronomy, and cognitive science. Professionally, Mike has a passion for combatting corruption and transnational financial crime, and has helped dozens of financial services firms, corporates and others design and implement effective due diligence programmes. 
モデレーター
リフィニティブ・ジャパン株式会社 プロポジションセールス・スペシャリスト 須江 哲次
 
2009年にトムソン・ロイターリーガル部門子会社、ウエストロー・ジャパンに入社。コーポレート営業チームのマネージャーとして、法務部・コンプライアンス部の業務支援に従事。2018年トムソン・ロイター(現リフィニティブ)のRiskチームに異動後はリスク管理業務支援ツールのConnected Risk、取引先のコンプライアンスチェックツールである、World Check OneやRefinitiv Due Diligenceを担当。事業会社における取引先のコンプライアンスチェック業務、金融機関のマネロン対策業務への支援に従事している。
司会
リフィニティブ・ジャパン株式会社 ソリューション営業部 リスク&コンプライアンス 乳原 晶子

新卒より大和証券株式会社にて営業に従事。2020年より現職。事業会社における取引先のコンプライアンスチェック業務、マネーロンダリング対策業務への支援に従事している。
お申込みはこちら

下記情報を送信することにより、Refinitivのリソース、イベント、製品、サービスに関する不定期のお知らせを受け取ることにご同意されたとみなされるものとします。また、Refinitivのプライバシー・ステートメントをよくお読みいただき、ご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。
(Please note you can manage and update your preferences at any time.)
(please note you can manage and update your preferences at any time.) (Optional)



By submitting your details, you are agreeing to receive occasional communications about Refinitiv resources, events, products, or services. You also acknowledge that you have read and understood our Privacy Statement.By submitting your details, you are acknowledging that you have read and understood our Privacy Statement.