An LSEG Business

金融商品販売のあり方が問われる中、「顧客本位の業務運営」の担い手に対する責務がこれまで以上に重視されてきています。その候補としてIFA(独立系フィナンシャル・アドバイザー)が金融業界だけでなく顧客側からも注目されてきていますが、日本において、IFAの一貫した定義はなく、一般に独立した立場で営業活動を行う金融の専門家というイメージが先行している状況です。

そうした中、株式等の売買委託手数料の無料化や運用報酬の低下が進み、金融機関は既存ビジネスモデルでは今後の成長戦略を描く事が難しくなってきています。 第2回目は、「なぜ地域連合、銀証連合が生まれるのか」をテーマにIFAビジネスについて考察してまいります。

アジェンダ

  • 昨今の地域連合、銀証連合の動向とそれに対する見立て
  • 米国に見る銀行と独立系アドバイザーの共存共栄
  • 英国のIFAは5人以下が9割を占めている理由

オンデマンド

  • 日時

    2021年2月24日(水)17:30 - 18:30
    パネルディスカッション 45分、Q&A 10分、総括 5分
  • 場所

    ウェブセミナー
    ※ご視聴に際してのシステム要件の詳細はこちらをご確認ください。
  • 対象

    オンラインおよびリテール証券/銀行/運用会社の戦略・企画、マーケティング、IT部門の方およびIFAの方
  • 参加費

    無料(事前登録制)
  • お申込み

    右フォームよりご登録下さい

講演者(五十音順)

大原 啓一 氏 |日本資産運用基盤グループ 代表取締役社長

03 年3月東京大学法学部卒業。10 年7月ロンドンビジネススクール金融学修士課程修了。野村資本市場研究所を経て、04年7月から15年3月まで興銀第一ライフ・アセットマネジメント(現アセットマネジメントOne)の東京・ロンドンオフィスで主に事業・商品開発業務に従事。15年8月にマネックス・セゾン・バンガード投資顧問を創業し、17年9月まで同社代表取締役社長。2018年5月に日本資産運用基盤株式会社(現JAMPフィナンシャルソリューションズ株式会社)を創業。

沼田 優子 氏 |明治大学国際日本学部 特任教授

東京大学経済学部卒業後、野村総合研究所入社。NRIアメリカ、野村資本市場研究所にて、日米の金融機関経営、資本市場動向等の研究業務に従事。野村證券を経て、2012年明治大学国際日本学部特任准教授。2018年より現職。主な著書に『IFAとは何者か アドバイザーとプラットフォーマーのすべて』(一般社団法人金融財政事情研究会)、「投資アドバイスとは何か;フィデュー シャリーとしての米国証券営業担当者の事例から」証券経済研究99(2017)、『変貌する金融と証券業』第11章「トランプ政権下のリテール証券業とフィデューシャリー・デューティー」(証券経済研究所、2018)などがある。

野尻 哲史 氏 |合同会社フィンウェル研究所 代表

定年後、大手外資系運用会社で投資教育の活動を続けながら、2019年5月に合同会社フィンウェル研究所を立ち上げ、代表に。資産の取り崩し、地方都市移住、雇用継続などの退職後の生活に関する提言を行っている。行動経済学会、日本FP学会などの会員、日本アナリスト協会検定会員、2018年9月からは金融審議会市場ワーキング・グループ委員。著書に『IFAとは何者か アドバイザーとプラットフォーマーのすべて』(一般社団法人金融財政事情研究会)、『老後の資産形成をゼッタイ始める!と思える本』(扶桑社)、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』『定年後のお金』(いずれも講談社+α新書)、『脱老後難民 「英国流」資産形成アイデアに学ぶ』(日本経済新聞出版社)など多数。

田 尚益 (ジョン・サンイク)|リフィニティブ・ジャパン 市場開発部 ウェルス・マネジメント担当部長

大学在学中に交換留学生として来日した後、SBIグループ傘下SBIテクノロジー株式会社にてITプロジェクトマネージャーとしてキャリアをスタート。日本初のスマホ用株取引アプリを市場に導入するなど、オンライン証券向けソリューションの開発と企画を担当する。同社海外事業推進室長としてグループ内の海外展開プロジェクトにも参加。楽天証券株式会社への転職後はマーケティング本部に所属し、プロダクトマネジメントや新規サービスの企画、海外事業の立ち上げなどを担当。プロデュースしたスマホアプリ「iSPEED」シリーズは圧倒的なエンドユーザーからの支持とともに日本証券アプリのベンチマーク的な存在に。キャップジェミニ株式会社ではITプロジェクトマネジメント、マーケティング、プロダクトマネジメントなど多岐にわたる経験とリテール金融に対する知見を活かし、IT、UX、デジタル・トランスフォーメーション分野のコンサルタントとして活動。2018年8月より現職。韓国生まれ、2007年3月 韓国明知大学文学部卒。

書籍のご案内

本ウェビナー講師陣の共著ーいま話題のIFAがまるわかり、比類なき1冊!

  • 今後の日本のモデルとなる英国・米国の歴史と現状を詳細に解説。各章のテーマで1冊の本ができてしまうほどの盛りだくさんな内容。
  • アドバイザー(IFA)が活躍するためには、顧客情報管理ほか、コンプライアンスなどを包括的に引き受けるプラットフォーマーの存在が不可欠であることを指摘。
  • アドバイザーに必要な資質・資格や取り扱うことのできる商品・サービス、経営実態、各国特有の課題など、さらには利用可能なプラットフォーマーの実態を豊富なデータとともにわかりやすく解説。現状で考えられる「すべて」に対応!!

オンデマンドのお申し込みはこちら

ご登録にあたってはリフィニティブのプライバシーポリシー をご確認の上、以下フォームに必要事項をご入力いただき、「送信」ボタンを押してください。
(Please note you can manage and update your preferences at any time.)
この情報を送信すると、Refinitivのリソース、イベント、製品、サービスに関する不定期のお知らせを受け取ることに同意したことになります。Refinitivは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましてはこちらをご確認ください。