Refinitiv logo
An LSEG Business
リフィニティブ・ウェビナー(オンデマンド)



ポストLIBOR
TONA TSR の概要 ~Tokyo Swap Rateの今後



金融取引において広く利用されているLIBORが2021年末に恒久的に公表停止されることに備えて、金融システム全般への対策が急ぎ求められています。市場慣行に深く関わっている共通のインフラストラクチャーであるため、その影響は広範囲に及びます。

リフィニティブでは、昨年7月にLIBORを深く関わっているコンテンツであるTokyo Swap Rate(TSR)の今後の対応を中心にご案内しました。今回は、その後の進捗を中心に、ポストLIBORに関連したコンテンツについて解説いたします。


Agenda:

  • ポストLIBORに向けたリフィニティブの取り組み
  • TONAベースのTokyo Swap Rateリリースに向けて
  • ポストLIBORに関連したご提案

オンデマンドのご案内

開催日:  2021年4月21日(水)

時間:  16:00 ~ (所要時間約 60分)

場所:  ウェブセミナー ※ご視聴に際してのシステム要件の詳細はこちらをご確認ください。

対象:  金利指標を業務で利用される方。個人の方を含め対象者以外のご参加はお断りしておりますので、予めご了承ください。

参加費:  無料(事前登録制)


講演者

リフィニティブ・ジャパン株式会社 宗川 雄視
事業開発部 トレーディング担当部長

リフィニティブの外国為替・資金関連サービスの事業開発を担当。日本でのサービス・リリースやサービスが国内のお客様のニーズを満たせる様に調整を行っている。​20年以上にわたり同じマーケットに対応しており、1992年に電子取引システムがリリースされると、それまでのリアル・タイム・レート、過去データならびにベンチマークレートといったコンテンツだけでなく取引執行から執行通知をカバーするプラットフォームも担当。


リフィニティブ・ジャパン株式会社 鈴木 慎之
事業開発部 部長

リフィニティブでは市場開発部にて事業開発部長を務め、オルタナティブデータ解析及び機械学習による市場予測を担当。​28年にわたり金融IT及びフロント業務経験を有する。イタリア金融ソフト開発会社オリベッティで金融基盤ソフト、シティバンク、エヌ・エイ東京支店にて国際リテール決済システムの開発にそれぞれ従事。ソロモン・ブラザーズ・アジア証券ではデリバティブ・プライシングシステム開発、メリルリンチ日本証券では先物ブローカー及びクオンツ開発に関わる。野村證券で株式、及びデリバティブ電子取引業務の開発に携わった後、2016年にトムソンロイターに加わり、現職に至る。​物理学専攻。


オンデマンドのお申し込みはこちら

この情報を送信すると、Refinitivのリソース、イベント、製品、サービスに関する不定期のお知らせを受け取ることに同意したことになります。Refinitivは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましてはこちらをご確認ください。
(Please note you can manage and update your preferences at any time.)